古典制御の記事一覧

古典制御の記事一覧古典制御
スポンサーリンク

古典制御の基礎理論に関する記事一覧です。

以下の順番で読むと、全体の流れが分かりやすいと思います。

古典制御全般

古典制御のメジャーな手法と、その対象システムのまとめ
古典制御では、ボード線図・ナイキストの安定判別・根軌跡など様々な手法が登場しますが、それぞれ「何のために、どのシステムに対して適用されるのか」が異なるため、少し混乱するかもしれません。このページでは、古典制御で登場する主な...

システムと伝達関数

伝達関数とは?利点と初期値の考え方を解説!
このページでは、伝達関数の定義と利点について、具体例を挙げながら解説します。また、入力・出力の初期値を0と考えていい理由についても解説します。このページのまとめ伝達関数は、ラプラス変換の結果得られる、システムの入出力特性...
伝達関数の基本要素と、よくある伝達関数例まとめ
このページでは伝達関数の基本となる1次遅れ要素・2次遅れ要素・積分要素・比例要素と、それぞれの具体例について解説します。※伝達関数の基本を未学習の方は、まずこちらの記事をご覧ください。このページのま...
プロパーな伝達関数とは?意味とイメージを例で解説!
このページでは、制御工学でよくでてくる「プロパーな伝達関数」の意味とイメージを解説します。※伝達関数の基本を未学習の方は、まずこちらの記事をご覧ください。このページのまとめ「分子の次数≦分母の次数...
閉ループ伝達関数・開ループ伝達関数・一巡伝達関数の違いと使い所
このページでは、閉ループ伝達関数・開ループ伝達関数・一巡伝達関数の意味と違い、そしてそれぞれの使い所について解説します。※伝達関数の基本を未学習の方は、まずこちらの記事をご覧ください。このページのま...
高次システムの伝達関数とそのイメージ
このページでは、高次システムの伝達関数と直感的イメージについて解説します。また、2次遅れ要素がなぜ伝達関数の基本要素に含まれるのかについても解説します。このページのまとめ高次システムのほとんどは、伝達関数の基本要素の組み...
高次システムの伝達関数例まとめ(倒立振子・DCサーボモータ)
このページでは、実用場面でよくでてくる高次システムの伝達関数を、導出過程を含めて紹介します。高次システムは、シンプルなシステムを複数組み合わせた形をしていることが多いです。高次システムの基本的なイメージについては、こちらの...
定常特性とは?定常偏差・最終値定理・内部モデル原理を解説!
このページでは、システムの定常特性とその計算方法について、具体例を交えながら説明します。特に、フィードバック制御システムの定常偏差と内部モデル原理について詳しく解説します。このページのまとめフィードバック制御システムが目...
続・定常特性とは?外乱に対する定常偏差・内部モデル原理を解説!
このページでは、フィードバック制御システムに外乱が加わる場合の定常偏差と内部モデル原理について、詳しく解説します。※本ページは、こちらのページの続きです。定常偏差・最終値定理・内部モデル原理について未学習の方は、まずこち...
スポンサーリンク

極・零点と安定性

システムの極・零点とは?計算例と利点を紹介!
このページでは、極と零点の意味・計算例・利点について解説します。このページのまとめ極と零点は、システムの特性を表す情報がギューッと凝縮された便利なパラメータ「伝達関数の分母=0」として\(s\)について解いた解がシステム...
極の正体。意味・使い方・安定性との関係をこれでマスター!
システムの極は非常に重要なパラメータですが、なかなか具体的なイメージがつきにくいですよね。このページでは極の正体を解明し、直感的意味・使い方・安定性との関係を具体例を通じて解説します。※極の定義や導出方法が分から...
零点の正体。極零相殺・不安定零点・逆振れをこれでマスター!
システムの零点は極以上にイメージしにくいパラメータですが、多くの重要な性質を持っています。このページでは零点の正体を解明し、直感的な意味について解説します。また、極零相殺・不安定零点・逆振れについても解説します。...
零点を持つシステムの例まとめ。零点はこうして現れる!
零点を持つシステムってどんなの?という疑問に答えるため、このページでは実用上よく見る零点を持つシステムを紹介します。※零点の定義や導出方法については、こちらのページをご覧くださいこのペー...
システムの安定判別法まとめ。伝達関数の安定性はこうして調べろ!
このページでは、次のように伝達関数で表された単体のシステムに対する様々な安定判別法を解説します。それぞれに利点・欠点がありますので、しっかりと使い分けられるようにしておきましょう!※システムの安定性の意味...

インパルス応答・ステップ応答

インパルス応答とは?イメージ・利点・使い方を具体例で解説!
インパルス入力に対するシステムの応答のことを、インパルス応答と呼びます。インパルス応答はシステムの特性を分析するのに非常に有用ですが、最初はイメージが付きにくいかもしれません。このページでは、インパルス応答のイメージ・利点...
ステップ応答とは?イメージ・利点・使い方を具体例で解説!
ステップ入力に対するシステムの応答のことを、ステップ応答と呼びます。ステップ応答は、システムの特性分析の基本中の基本として非常によく使われます。このページでは、ステップ応答のイメージ・利点・使い方を具体例を通じて解説します...
1次システムのインパルス応答・ステップ応答。特性と使い方を解説!
このページでは、1次システム(1次系・1次遅れ系)のインパルス応答・ステップ応答の詳細を具体例を交えて解説します。また、1次システムのよくある使い方についても解説します。※インパルス応答・ステップ応答の詳細については、こ...
2次システムのインパルス応答・ステップ応答。特性と使い方を解説!
このページでは、2次システム(2次系・2次遅れ系)のインパルス応答・ステップ応答の詳細と、よくある使い方を解説します。※インパルス応答・ステップ応答の詳細については、こちらの記事をご覧ください。...
スポンサーリンク

周波数応答と周波数解析

周波数応答・周波数伝達関数とは?直感的イメージと使い方を解説!
周波数応答は、インパルス応答・ステップ応答と並び、システムの特性を分析するのに非常に有用なツールですが、初めて学ぶ際はイメージがわきにくいかもしれません。このページでは、周波数応答・周波数伝達関数の直感的イメージと使い方に...
ボード線図とは?利点とデシベル値の読み方を解説!
このページでは、ボード線図の概要と利点について解説します。また、ゲインを表すデシベル値の読み方についても詳しく解説します。このページのまとめボード線図は、システムの周波数特性を表現する図振幅変化を示すゲイン線図と、位相変...
ボード線図の書き方。便利な法則やボードの定理をこれでマスター!
このページでは、ボード線図の書き方と、ボード線図が持つ超強力な便利法則について解説します。※ボード線図を書くには、ボード線図の基本的な読み方を理解しておく必要があります。ボード線図の読み方を未学習の方は、まずこちらのペー...
ボード線図の実用上のコツ。理想形と使い方のイメージが分かる!
ボード線図の理論を学んだけど、実用上どう使えばいいのかいまいち分からないなぁ…このページではそんなモヤモヤを解消するために、実用上知っておくと有用な考え方・使い方について解説します。※ボード線図の基礎を未学習...
1次システムの周波数特性とボード線図。イメージと使い方を解説!
このページでは、1次システム(1次系・1次遅れ系)の周波数特性とボード線図について、具体例を交えて詳しく解説します。また、1次システムのよくある使い方についても解説します。※周波数応答やボード線図の基礎を未学習の方は、ま...

PID系制御

PID制御とは?仕組みと動作イメージを分かりやすく解説!
このページでは、最も基本的な制御手法の1つであるPID制御について、その仕組みと動作イメージを解説します。このページのまとめPID制御は、使いやすさが最大の特徴。面倒な計算をしなくても、80点くらいの性能を手軽に出せる。...
PIDゲインの特性。ゲインを変えると何がどう変わる?
このページでは、PIDゲインの特性について、ゲインを様々に変化させたときの具体例を交えて解説します。各種ゲインの特性をしっかり理解すれば、PID制御器の設計やチューニングをより効果的に行えるようになりますよ!※P...
限界感度法の利点・欠点・使い所。実はアテにしちゃダメ!?
PID制御にあまり詳しくない人がPIDチューニングについて調べた際、最初に遭遇するであろう「それらしい方法」が限界感度法です。ただし、限界感度法はあまり当てにしすぎてはいけない方法です。このページでは、限界感度法の概要と、...
スポンサーリンク
スポンサーリンク